• もやしを学ぶ
  • カット野菜を学ぶ
  • 生産の現場から
  • なるほどレシピ集
  • 企業情報
  • 商品カタログ
  • もやしを学ぶ
  • もやしの作り方
  • もやしの栄養
  • もやしキッチン
  • もやしの種類
  • メニュー
  • カット野菜を学ぶ
  • 生産の現場から
  • なるほどレシピ集

もやしの作り方

「水」だけで育てるピュアな野菜。

土で育てる一般的な野菜と異なり、もやしの栽培に必要なものは「水」だけ。その分、水の品質には、細心の注意を払います。富士食品工業のもやし生産工場では、地下90メートルから汲み上げた、ミネラル成分を豊富に含む天然水を使用しています。
暗く静かな育萌室で、天然水をたっぷり浴びて生長します。

暗く静かな育萌室で、天然水をたっぷり浴びて生長します。

発芽から約8日で、もやしに生長。

熱殺菌した豆を育萌室に移し、たっぷり水を与えて発芽を待ちます。昔は人が3~4時間ごとにひしゃくで水を与えていた過酷な作業も、現在はコンピュータ管理しています。温度と湿度を厳しく管理された育萌室で約8日かけ、元気なもやしに生長します。
すくすくと育ったもやし。元気に、まっすぐに伸びています。

すくすくと育ったもやし。元気に、まっすぐに伸びています。

スタッフの厳しい目で品質をチェック。

生長したもやしは、天然水で洗浄した後、自動計量機で計量して袋詰めします。1袋1袋を金属探知機に通し、さらに「人の目」でダブルチェックすることで、異物混入などの防止につとめています。最新機器と、経験豊かなスタッフが、商品の品質を支えているのです。
金属探知機に加え、最後は「人の目」でチェック。

金属探知機に加え、最後は「人の目」でチェック。

もやしの生産現場をチェック