• もやしを学ぶ
  • カット野菜を学ぶ
  • 生産の現場から
  • なるほどレシピ集
  • 企業情報
  • 商品カタログ
  • もやしを学ぶ
  • もやしの作り方
  • もやしの栄養
  • もやしキッチン
  • もやしの種類
  • メニュー
  • カット野菜を学ぶ
  • 生産の現場から
  • なるほどレシピ集

もやしのキッチン

1年中が「旬」だから、いつでも食卓に。

工場で生産されるもやしは、1年中が「旬」。ほとんどの野菜が天候などによって収穫量が左右されるのに対して、もやしは、1年中安定した品質と価格で手に入る貴重な野菜です。季節によっておいしさが大きく変化することはありませんが、豆の種類によって、味や食感は異なります。さまざまなもやしの特徴を生かして、バラエティ豊かなメニューに挑戦してください。

1年中が「旬」だから、いつでも食卓に。

もやしの上手な保存方法。

袋詰めされてからも、もやしは生きています。もやしを買って帰ったら、まず、袋につまようじの先などで小さな穴をあけておくのがコツ。もやしの呼吸を助けて、傷みにくくなります。冷蔵庫では、野菜専用室より、もやしにとっての好適温度である3~5℃に近い冷蔵室で保存するのがおすすめです。
もやしの上手な保存法。

「シャキシャキ」のための調理ポイント。

もやしは「シャキシャキ」とした食感が大切です。調理の際は、熱を通し過ぎないことがポイントです。

①ゆでる時間は、熱湯に入れて10~20秒ほど。(*1)

②ゆでたもやしは、ざるに取って水気をしっかりきり、そのまま冷ます。(水っぽくなってしまうので、水にさらさないのがコツ)

(*1)「大豆もやし」は豆がついているため加熱に時間が掛かります。詳しくは、個々のレシピのページで。

「シャキシャキ」のための調理ポイント。

黄金のゆでもやし

黄金のもやし炒め